予定時間になってもトラックがやってこない。さてどうする?

前日までにがんばって準備を終わらせ、いよいよ引越し当日を迎えたというのに、
肝心の引越し業者が時間になってもやってこない・・・!!

万一そんなトラブルに見舞われた場合はどうすればいいのでしょうか?

こんな時は、慌てず契約内容を再確認するところからはじめましょう。
もし「午後便」で契約していた場合には、
残念ながら大人しく待つしかないかもしれません。

朝イチ以外の契約では、時間がズレるのは日常茶飯事?

引越し業者の時間指定は、大きく分けて「午前便」「午後便」の2つに分かれます。

「午後便」の場合は時間指定はできないので、時間指定無しの「フリー便」と呼ばれることもあります。

2つのうち、「午前便」というのはいわゆる「朝イチ便」のことで、
引越し業者がその日一番最初にまわる家・・・、ということになります。

ですから、「午前便」の場合は基本的に遅刻などはあまりありません。

もしあったとしても、「道が渋滞していた」などの特別な場合ですので、
そこまで大幅な遅れはないと考えてよいでしょう。

したがって、たいていの場合問題となるのは「午後便」の方です。

午後便の場合、最悪『夜からスタート』になってしまう可能性も

午後便で契約した場合、引越し業者側は、
自分たちの家に来る前に、別の家の引越しを行っているはずです。

つまり、その引越しの最中で何かトラブルがあって長引いたりした場合、
それがそのまま自分たちの引越し時間の遅れとなって現れるわけです。

ですから、午後便で契約する場合には、
引越し業者側は細かな時間指定などには対応してくれません。

あくまでも「お昼以降に伺いますよ」、という契約になるからです。

もしかしたら、見積もり段階では、

「たぶん14時過ぎくらいになると思いますけど・・・」

なんて感じで話をしたかもしれませんが、
それはあくまでも目安であって、実際にやってくるのはもっと遅い可能性もあります。

引越しの場合、何か一つのトラブルでも大幅に作業が遅延することがあるため、
1時間や2時間程度の遅れなら、むしろかわいいものだと思うべきなのかもしれませんね。

したがって、もし午後便で契約をするならば、
このようなデメリットも理解した上で契約を行いましょう。

その分「午後便」の方が料金が安いというメリットもあります。

いざという時は、見積もり担当の人に直接連絡してみよう

さて、それでも「あまりにも遅すぎる!」という場合や、
あるいは「午前便」で契約しているにもかかわらず業者が来ないという場合には、
すみやかに引越し業者側に電話連絡を入れて確認してみましょう。

電話をする場合には、見積書にかれているナンバーへ連絡し、
担当者の名前などを告げると話がスムーズに運びます。

また、問い合わせ番号が全社共通のものになっていて、
なかなか電話をかけても通じないという場合には、
見積もりの際に下見に来た担当者の名刺を確認してみましょう。

もしかしたら、名刺に「支社や営業所の電話番号」が書いてあるかもしれないので、
そちらに直接電話をかけてしまうというのも手です。

結局、見積もりに来た担当の人と、
実際に作業にやってくるスタッフとは別の場合がほとんどなので、
いざという時は見積もり時の担当を通して確認した方が速い場合も多いのです。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!