特殊な状況での引越しについて

通常の引越しとは違い、本人が引越し当日に立ち会えないケースや、
昼間ではなく夜間などに引越しを行いたいという人もいると思います。

そのような特殊なケースの場合でも、引越し業者に頼むことは出来るのでしょうか?

立会人なしの引越しは原則として無理

どうしても引越し当日に本人が立ち会えない場合は、
家族や知人など、誰か別の人が立会人として業者に応対するのが一般的です。

まったく誰も立ち会わずに引越しを行うというのは、
万が一トラブルなどが起きた場合に困ったことになるので原則的には無理でしょう。

もし何か特殊な事情があって業者側が「OK」という返事をしたとしても、
いざトラブルが起きた際に損をするのは自分なのですから、
多少無理をしてでも家族にお願いするとか、どうにかして立会人を呼ぶようにしましょう。

例えば荷物の紛失があった場合などに、
「引越し業者がなくした」「いや、そんな荷物は最初からなかった」
などと責任が不明確になってしまうためです。

夜中の引越しはご近所さんにとって大迷惑なもの

また、何らかの事情で日中(昼間)に引越しが出来ずに、
夜中に引越しをしたいと考えている人もいると思います。

このような場合、業者によっては追加料金で対応してくれるところもあるので、
一度電話かメールで個別に問い合わせをしてみましょう。

ただし、夜中に引越しをする場合には、
旧居、新居ともに近隣の方に迷惑がかからないように細心の注意を払いましょう。

はっきりいって、夜中に近所で引越しをされるのは迷惑以外の何者でもないからです。

ワンポイントアドバイス

特にまだ付き合いがない新居の周りの方たちには、
事前にお詫びの品を持って事情を説明に行くなどした方が良いでしょう。

何も告げずにいきなり夜中に引越しをしてきたご近所がいたら、
あなたもきっと、「夜逃げしてきたのでは・・・?」と不安に思うはずです。

そのような不安や、余計な誤解を与えないためにも、
やむを得ない場合以外は、夜中の引越しは避けるのが無難です。

想定外の「夜間引越し」に注意!

それからもう一つ注意しておかなければならないことは、
自分でも想定外の夜間引越しが発生してしまうケースです。

これは主に、3月などの引越し繁忙期に起こりやすいトラブルです。

具体的には、引越しが忙しい時期の午後に、
時間指定無しのフリー便(午後便)で引越しを依頼していた場合に、
業者側の到着時間が大幅に遅れて、
結果的に引越しが夜間になってしまうというケースです。

これは自分の力ではどうにもできないトラブルですが、
3月などの引越しシーズンではまれに起こるトラブルなので注意が必要です。

スタート時刻に注意しよう!

特に、見積もりの段階で、
「スタートは午後15時(以降)からの予定です」などと言われたら注意しましょう。

この時間帯からのスタートということは、
当日の午前と午後に一件ずつ、他の引越しが入っているケースが考えられます。

つまり、自分たちの引越しはその日の3番目以降になっているかもしれないので、
このような場合は、スタート時間が大幅に遅れても何ら不思議はないからです。

引越しにトラブルはつきものなので、件数が多いほど時間はずれていきます。

このようなケースでも、フリー便として契約している以上、
例えスタート時間が夜になったとしても文句は言えないので注意が必要です。

もし新居が集合住宅やマンションだった場合には、
夜スタートになってしまうと非常にマズイ状況に陥る可能性もあるので、
不安な場合は、多少割高になったとしても朝イチ便(午前便)を使うようにしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!