男性スタッフを家に上げたくない場合はレディースパックを使おう

女性のひとり暮らしの場合、引越し作業の際にも色々気を遣いますよね。

荷造りの際にあまり触れられたくない荷物もあるでしょうし、
そもそも男性のスタッフを何人も家に上げるということに抵抗がある人もいるでしょう。

そんな場合は、女性スタッフを派遣してくれる業者を選びましょう。

完全な「女性スタッフ限定パック」はまだ少ない

女性スタッフのみで引越しを行ってくれる業者としては、
アート引越センターの「レディースパック」が有名です。

このパックだと、女性スタッフのみで荷物の搬出までやってくれるので、
男性には極力家に上がってもらいたくないという人でも安心です。

しかし、荷物の搬出までを女性のみで行ってくれる業者はまだ少なく、
今のところアート引越センター以外だと有名な業者はほぼありません。

また、アート引越センターでも一部地域では対応していない場合があります。

したがって、完全に女性スタッフ限定というのが難しい場合もあるので、
そのような場合は、見積もり時に「女性スタッフを含めて下さい」と交渉してみましょう。

全員女性というのは無理でも、最低一人か二人でも女性のスタッフがいてくれれば、
引越し作業の際の安心度も違ってくると思います。

また引越し業者の場合、多くの女性スタッフは「荷造り込みのパック」に対して派遣され、
男性スタッフは家具の搬出、女性スタッフはダンボールへの荷詰めなどと
役割分担をしています。

ですから、多少金額が高くなってもかまわないというのであれば、
「荷造り込みのパック」で依頼をすれば、業者側との交渉もやりやすくなると思います。

ワンポイントアドバイス

もし引越し料金をできるだけ抑えたい場合には、
アート引越センターを含めた上で、数社に対して一括見積もりを請求してみましょう。

その上で金額や女性スタッフの件を問い合わせた方が、確実に交渉は有利に進みます。
複数の業者に見積もりを取って比較した方が明らかに安くなるので、
がんばって交渉してみて下さい。

→引越し業者との交渉のコツはこちらの特集記事へ

女性限定パックを利用する際の注意点

また、アート引越センターをはじめ、女性スタッフ限定の業者に依頼をする場合には、

  • 重たい家具は搬出できないことがある
  • 家電製品などの取り扱いに弱い場合がある

といった注意点は頭に入れておきましょう。

男性に比べ女性の方が筋力が弱いので、やはり重たい家具は厳しいでしょうし、
またテレビやビデオ、パソコンなどの取り扱いにも慣れていない場合があるからです。

かなり大きな家具などがある場合には、
やはり女性スタッフのみというのは厳しいかもしれないので、
業者側に連絡して、女性スタッフの比率を増やしてもらうなど相談してみましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!