カビ対策は日頃の小さな積み重ねが必要

カビはあらゆるところに発生します。

  • シンク下
  • 収納スペース
  • お風呂
  • トイレ
  • 洗面所

最初は気にならない程度のカビも、
やがて目立つようになります。

カビは見えない部分で繁殖していくので、
掃除するときは入念にチェックする必要があります。

ここではカビ対策について詳しく解説します。

結露を見つけたら拭き取るように心がける

環境によっては、結露が発生しやすい部屋があります。
結露が多い部屋では、カビが発生しやすくなるので注意しましょう。

常に部屋の湿度管理を怠らないように心がけてください。
毎日換気をして、部屋の湿度を最善に保ちましょう。

湿度が多いと、リビングの壁にもカビは発生します。
そのため、水回りだけにカビが発生するという考えは危険です。

水回りのカビ対策に欠かせないポイントとは?

水回りはカビが発生しやすい場所です。
特に水滴が原因でカビが増殖することが多いようです。

シンク、お風呂、トイレ、洗面所すべてに言えることですが、
水滴が残らないようにする習慣を身につけましょう。

お風呂だったら、入浴後に水滴をすべて拭き取るようにしたり、
水滴が発生しないように冷水をかけるのもおすすめです。

また、換気扇を常にかけるように心がけてください。

毎日の丁寧な積み重ねが、水回りのカビ対策につながります。
少しだけ手間はかかりますが、カビを防止するためには欠かせないポイントです。

意外と知らない?カビ除去剤の真実

カビを除去するスプレーが多く市販されていますが、
これらはカビそのものを除去する効果はありません。

カビ除去剤の正体は、“漂白剤”です。
つまり、カビの色を薄めるだけで、除去はできていません。

カビは完全に死滅させない限り、どんどん繁殖します。
だからこそ、カビ対策を入念に行わないといけません。

あまりにもカビがヒドイ場合は…?

見るからにカビだらけでヒドイ状態になっている・・・
もうどうしていいかわからない。

こんな状況では、カビ対策は難しいと思います。

素人ができるカビ対策は限られているので、
手がつけられないカビは、専門業者に依頼するのが一番です。

カビがある部屋で生活するのは非常に危険なので、
早めに専門業者を呼んで対応してもらいましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!