換気扇の掃除に“あるもの”を使うと効率アップ!

意外に掃除を怠ってしまうのが、キッチンの換気扇です。

1ヶ月もすると油やホコリで汚くなるので、
こまめに掃除することをおすすめします。

ここではキッチンの換気扇の掃除について解説します。

洗剤をつけたらキッチンペーパーで蓋をする

まずはカバーを外しましょう。
そして、汚れが付着している部分に専用洗剤をつけていきます。

泡が頑固な汚れを吸着して落とすので、
専用洗剤は泡スプレータイプがおすすめです。

全体的に泡をつけたら、キッチンペーパーで蓋をします。
キッチンペーパーを湿布のように貼るイメージです。

こうすることで泡が全体的に広がるようになります。

およそ数十分待つと、泡が汚れを分解し、
キッチンペーパーが汚れてきます。

これがキッチンペーパーを剥がすタイミングです。

剥がしたキッチンペーパーで数回ふけば、
まるで新品のようにキレイになります。

一度で汚れが取れない場合は、
同じ工程を数回繰り返してください。

このとき、泡が下に垂れても問題ないように
コンロなどにはビニールか、新聞紙を敷いておきましょう。

最後は布で水拭き→空拭きをして終了

最後に洗剤の残りをキレイに拭き取るために、
全体を布で水拭きしてください。

そして空拭きで仕上げです。

換気扇の汚れは部分的に掃除していると、
かなりの手間と時間がかかります。

でも、キッチンペーパーを湿布替わりにすることで、
掃除の手間と時間を幅くことができます。

おまけにキレイに汚れが落ちます。

これだったら、定期的に換気扇の掃除ができると思います。
何一つ面倒くさい作業はないので、おすすめの掃除法です。

ワンポイントアドバイス!

換気扇に洗剤をつける前に、
お湯をわかせて湯気を作ってあげましょう。

そうすることで、汚れが落ちやすくなります。

高価なスチーム機を購入しなくても、
十分に換気扇の汚れは落とせるので試してみてください。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!