窓拭きにお金と手間をかけない方法とは?

根気がいる窓拭きをもっと簡単にできたら…
窓が汚れていると、部屋の印象が台無しです。

ここでは窓拭きを簡単にするコツを解説したいと思います。

窓拭きは雨の日に行うと簡単にできる

窓拭きは乾燥している日ほど、手間と時間がかかります。
だからこそ、湿気が多い雨の日に行いましょう。

窓拭きを簡単にするコツは、湿度の高い日を選ぶことです。

そもそも天気のいい日に窓拭きをする決まりなどありません。
乾燥した状態の汚れは非常に落ちにくいです。

でも、雨の日などの湿度が高い日なら、
簡単に汚れを落とすことができます。

湿度が高いと汚れが湿気を吸って浮き上がるので、
軽く拭くだけでもキレイになります。

洗剤を使わなくても古新聞で十分キレイになる

窓の掃除となると、専用洗剤を購入する人がほとんどだと思います。
でも、できるならお金をかけずにキレイにしたいものです。

実は専用洗剤を使わなくても、
古新聞をだけで十分にキレイにできます。

では、どうして古新聞で拭くだけでキレイになるのでしょうか。

それは新聞に使用されているインクにあります。
インクはガラスの光沢を際立たせてくれます。

さらに汚れがつきにくくなる効果もあるので、
ワックスのような使い方もできます。

何よりも新聞紙は紙なので、
使い終わったらゴミとして捨てればいいだけです。

地球にもやさしいので、窓拭きには重宝すると思います。

ワンポイントアドバイス!

窓ガラス自体はキレイになったけど、
四隅に取れない汚れがついている…

こんなケースは少なくありません。
そんなときは塩をつけて雑巾でこすりましょう。

塩が粒子の役割を果たして、
こびりついた汚れを取り除いてくれます。

窓拭きのコツを覚えたら、お金をかけない掃除ができます。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!