水回りの頑固な汚れを落とす掃除法とは?

水回りの掃除をサボってしまと、
ヌメリやカビが増える原因になります。

長い間汚れを放置すると、なかなか落とせなくなるので、
水回りの掃除はこまめに行うことが大切です。

ここでは水回りの掃除について解説します。

キッチンには弱アリカリ性洗剤と漂白剤を使う

シンクの汚れを落とすなら、
弱アルカリ性の洗剤で磨いてください。

酸性洗剤だとシンクが焼けてしまうこともあるので、
できるだけ弱アルカリ性洗剤を使いましょう。

このときの注意点は、柔らかいもので磨くということです。

こびりついた汚れがあると、硬いものでゴシゴシこすりたくなりますが、
シンクに傷をつける原因になるのでやめましょう。

基本的にスポンジなどの柔らかいものを使い、
シンクの目に沿って磨くことが大切です。

排水口は漂白剤を使うだけで問題ありません。
三角コーナーなどの小物も、漂白剤を使えばキレイになります。

洗剤では落ちないお風呂の水垢を落とすには?

お風呂の浴槽、鏡などの掃除は、
専用洗剤を使えばほとんどがキレイになります。

でも、洗剤では落ちない水垢があるので注意しましょう。

定期的に掃除をしていれば、水垢に悩まされることはないですが、
掃除を怠ってしまうと頑固な水垢がびっしりつきます。

この場合、ハンドポリッシャーで磨き上げるしか方法がありません。

頑固な水垢は金属石鹸がこびりついた状態なので、
洗剤で洗い落とすことができません。

そのため、磨き上げて削り落としましょう。

お風呂の排水口の汚れは漂白剤を使うことで、
手間なくキレイにすることができます。

トイレ掃除は“サンポール”が有効

トレイ洗剤の定番となっているのが、「サンポール」です。
塩酸系洗剤なので、頑固な汚れもキレイに落としてくれます。

トイレ汚れで厄介なのが尿石です。

尿石は普通の洗剤では落とすことができないので、
無闇に硬いものでこすると便器を傷つけてしまいます。

そんな時はサンポールが有効です。

便器ブラシとサンポールがあれば、
トイレの掃除は完璧にできるので、他は必要ありません。

ワンポイントアドバイス!

各洗剤を使用する際は必ず注意事項を読みましょう。
特に“混ぜるな危険”と書かれている洗剤には注意です。

水回りの掃除をするときは、
部屋を換気しながら行うことが大切です。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!