時間に余裕があるなら直接挨拶を、ない場合は挨拶状を送ろう

旧居でお世話になった方や近所の方には、引越しの挨拶も必ずしておきたいものです。
引っ越すからといって、何の挨拶もなく立ち去るのはマナー違反だからです。

もしどうしても時間がなくて挨拶にいけない場合は挨拶状を用意して、
旧居でのお礼と、新居の住所を伝えることを心得ておきましょう。

隣人には引越し当日に迷惑をかける旨も謝っておきましょう

賃貸の集合住宅の場合には、両隣と階下の部屋の人に、
お世話になったお礼と、引越し予定日を前もって伝えておきましょう。

なぜなら隣近所の人には、引越しの作業中に何かと迷惑をかけてしまうので、
事前に一言謝っておくことで、
引越し時の騒音によるトラブルなどが起きにくくなるからです。

また親しくしていた人の場合は、引越しが決まったら早めに伝えるようにしましょう。
あまりギリギリになってから伝えるのは、そっけない印象になります。

どのくらいの付き合いだったかにもよりますが、
これまでの思い出話や、新居の住所交換くらいはできる程度に、
余裕を持って挨拶に出かけたいところです。

挨拶状を送るときに気をつけたいこと

直接挨拶に行けない場合は、挨拶状を送ってお礼の気持ちや新住所を伝えましょう。
挨拶状の内容には、次のポイントが含まれていることが大切です。

  • 引越したことを伝え、直接挨拶に出向けなかった無礼を詫びる
  • お世話になったことへのお礼を伝える
  • 新住所や電話番号などを伝える

上記の3点は必ず記載するようにしましょう。

ちなみに、実際にどんな文面にすればよいのかで迷ってしまう人もいると思います。

そんな時には、インターネットの文例サイトを検索してみるとよいでしょう。
様々な文例が紹介されているので、自分に一番適した文例を参考にしましょう。

例えば「引越し 挨拶状」や、「引越し 挨拶状 例文」などと検索すると、
色々な文例が見れるので参考になると思います。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!