遅くとも一週間前までには電話しておこう

引越しをすることが決まったら、
電気やガスなどの移転手続きをする必要があります。

 

それぞれ電力会社とガス会社に電話をして申告しますが、
余裕を見て一週間前までには済ませておくようにしましょう。

 

ちなみに各会社の連絡先は、電気やガスの検針票か領収書を見ると書いてあります。

 

事前に準備しておくもの

各会社に連絡をする際には、
事前に下記の項目について準備をしておくと話がスムーズに進みます。

  • 契約者の名前
  • 現在の住所
  • 引越し先の住所
  • 引越し日時
  • 連絡先
  • お客様番号(※検針票などに記載されています)

電力会社、ガス会社ともに上記の項目を聞かれますので、
すぐ答えられるようにあらかじめ用意しておきましょう。

 

立ち会い手続きで料金を精算

電気やガスなどは、引越しの直前まで使用しますので、
引越し当日に精算をする場合が多いです。

 

各会社とも、事前に電話をして引越し日を伝えておけば、
当日係員が来て料金の精算を行ってくれます。

 

もし当日では都合が悪いという場合には、
後日新居に請求書を送ってもらうことも出来ますが、
この点については事前に電話で確認をしておきましょう。

 

特に、ガスのメーターが室内にある場合には、
原則として立ち会わないと手続きが行えないため、
あらかじめ引越し当日の予定などを確認しておきましょう。

 

普段の支払い方法が口座引き落としやクレジットカード支払の場合で、

かつ新居でも同じ会社を使う場合には、当日の精算が不要な場合もあります。

 

手続きをする際の注意点

 

新居で契約する会社についても事前に確認が必要

 

例えば引越し先が遠くの場合など、現在契約をしている電力会社やガス会社が、
引越し先ではサービス提供を行っていない可能性があります。

 

そのような場合は、現在の会社とは契約を解除して、
新しい電力会社、およびガス会社と契約をする必要があります。

 

当然、こちらの契約も事前に準備しておかないと困ったことになるので、
遠方に引越しをする場合は必ず確認するようにしましょう。

 

 

後日精算の場合はメーターを記録しておこう

 

引越し当日ではなく、後日精算を行う場合には、あとで料金トラブルが発生しないように、
メーターの数値をデジカメで撮影しておくと安心です。

 

めったにトラブルは起きないと思いますが、念のために証拠を保存しておくと良いでしょう。

 

新居で電気やガスを使う場合の手順

無事新居への引越しが終わったら、
今度は新しい家で電気やガスの使用開始手続きを行います。

 

電気の場合

 

通常は、玄関周辺やブレーカーの近くなどに、
「電気使用開始申込書」というものが備え付けてあります。

 

こちらに必要事項を記入した上で、ポストに投函すればOKです。
なお、電気については引越し当日から使ってしまっても問題ありません。

 

ただし実際に電気を使い始める際には、ブレーカーのスイッチを入れるのを忘れなく。

 

ガスの場合

 

新居でガスを使用する場合には、
ガス会社の人に来てもらって元栓を開けてもらう必要があります。

 

したがって、引越し当日からガスを使いたければ、
事前に予約をしておく必要があるので注意しましょう。

 

電気の方はともかく、ガスについては注意が必要なので気をつけましょう。

 

引越し前に確認しておきたい3大チェックポイント たった1分で料金が安くなる「一括見積もり請求」って? 引越し手続きチェックリスト 敷金返還で損をしないためのポイント