賃貸マンション、アパートなどの解約手続きについて

引越しが決まった際にまずやらなければならないことは、
今住んでいる住居の契約書を確認することです。

一般的に、退去の申し出は「一ヶ月前(30日前)」までに行う必要があり、
これを忘れていると、余計な家賃負担が発生してしまうからです。

ただし、契約内容によっては「二ヶ月前」や「三ヶ月前」に申告が必要な場合もあるので、
不安な場合は必ず契約書を確認するようにしましょう。

もし契約書がすぐに見つからないようならば、
大家さんか不動産仲介業者に連絡をして確認をしましょう。

新居の契約と、旧居を退去するタイミングが問題

今住んでいる家の退去申告と同時に、
もう一つ問題になるのが「新居の契約日」です。

新しく住む家については、なるべく早く決めておきたいものの、
あまり早くに決めすぎては「ダブル家賃」が発生してしまうからです。

「ダブル家賃」というのは、旧居と新居の契約期間が重なってしまい、どちらの家賃も発生してしまうという状況のことです。

理想的なのは、旧居の退去日に合わせて新居の契約を結ぶことですが、
ちょうどぴったりに合わせるのはなかなか難しいものです。

特に良い物件を見つけようと思った場合、
なるべく早くから新居探しを始める必要がありますが、
あまり早い時期に良い物件を見つけてしまうと、逆に契約のタイミングが難しくなります。

なぜなら条件の良い物件の場合は、
放っておくと他の人に取られてしまうかもしれないので、
多少のダブル家賃は覚悟の上で契約する・・・
という判断が必要になるかもしれないからです。

この辺は大家側との交渉にもよりますが、

「一般的な旧居の退去申告は一ヶ月前まで」

であるのに対して、
新居のキープ期間も「一ヶ月くらいが限度」、というのが一般的だからです。

キープ期間というのは、大家側へ入居申し込みをしたあとで、実際に家賃が発生するまでの猶予期間のことです。

したがって、引越しの一月半くらい前から新居選びをスタートし、
一ヶ月前の時点で、旧居・新居共に申し込みをする…というのが理想的な流れと言えます。

良い物件が見つかった場合は多少の出費は覚悟しよう

もし新居探しの際に、とても条件の良い物件が見つかったとしたら、
多少のダブル家賃は覚悟した方が賢いかもしれません。

なぜなら、「ダブル家賃」の出費はあくまでも一時的なものに過ぎませんが、
新居の家賃は今後も毎月継続的に支払い続けるものなので、
良い条件の物件なら、多少のダブル家賃程度はすぐにペイ出来るからです。

物件探しというのは、正直に言って「運や偶然」がかなり関わってくるので、
良い物件に巡り会えたときは逃さず契約してしまった方が良いと思います。

短期的な目線で考えると逆に損をする可能性があるので注意しましょう。

ワンポイントアドバイス

退去の申し込みにしろ、新居の契約にしろ、
大家側が話のわかる人ならば、ある程度融通を利かせてくれることもあります。

どうしてもダメな場合はダブル家賃を覚悟する必要がありますが、
その前にできる限りの交渉はやっておきましょう。

特に、引越しのオフシーズン(引越しが少ない時期)であれば、
多少の無理は通る可能性もあるので、ダメもとで交渉してみた方が得をします。

忘れずに引越し業者選びも進めておこう

ついでにもう一つ忘れてはいけないのが、
引越し業者選びを早めにスタートさせるということです。

最終的に引越しにかかるお金を安く抑えたいならば、
ダブル家賃に注意するのはもちろんのこと、
一番お金がかかる可能性が高い「引越し料金」を抑えなければならないからです。

引越し料金を安く抑えるコツはいくつかありますが、
とにかく重要なのは、一括見積もり請求を使って各社の見積もりを比較することです。

これをやるのとやらないのとでは、
数万円以上の差が出てくる場合があるので注意しましょう。

細かな節約のコツは、こちらの記事にまとめていますので参考にして下さい。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!