運転免許の変更手続きは、引越し後に速やかにしておこう

引越しの際には、運転免許証に記載されている住所も変わるので手続きが必要です。

運転免許証は身分証としても頻繁に使うものですから、
引越し後はできるだけ早く手続きを行いましょう。

免許証の変更に必要な書類は?

運転免許証の変更手続きは、
新住所を管轄する警察署か運転免許試験センターで行います。
引越し後15日以内に届け出ることになっています。

引越しが同じ都道府県内の場合は、運転免許証、印鑑、
新住所が確認できる書類(住民票、健康保険証、外国人登録証など)を持参すると、
その場で免許証の裏面に住所を書き換えてもらえます。

一方で引越し先が他の都道府県になる場合には、上の必要書類に加えて、
申請用の写真(縦3cm×横2.4cm)が必要なので注意しましょう。

運転免許の更新とあわせて行うと手間が省ける

もし運転免許証の更新期間に入っている場合には、
あわせて手続きを行うことが出来ます。
変更届を出す必要がなく、二度手間にならず手続きが一回で済みます。

新住所が確認できる書類を添えて、更新手続きを行うことで、
自動的に新住所が記載されます。

自動車保険の住所変更手続きも忘れずに

自動車やバイク関係の引越し手続きに付随して必要になるのが、
運転免許証の変更に加えて、自動車保険の変更手続きです。

車やバイクを所有している人は、必ず自賠責保険と自動車任意保険に加入しているはずですから、
契約している保険会社に問い合わせて、住所変更の手続きを行いましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!