似たような条件の物件選びで迷った場合は?

今住んでいる家に何らかの不満があって、
近所にある別の物件に引越しをしたいという人もいると思います。

その際、似たような条件の物件が複数あって迷うことはありませんか?

  • 家賃、設備などの条件はほとんど同じ
  • 物件Aは、直線距離は近いが市外(別の市)にある
  • 物件Bは、直線距離は遠いが同一市内にある

さてこのような場合、物件Aと物件Bではどちらの方がお得なのでしょう?

条件が一緒なら同じ市内の方が楽

考え方は人それぞれなので絶対とは言えませんが、
上記のような場合であれば、
基本的には「物件B」を選んだ方が手続きなどが楽だと思います。

というのも、同一市内への引越しであれば、

  • 電力会社
  • 電話会社(電話番号)
  • ガス会社
  • 水道局
  • 銀行の窓口

などの契約は、ほとんどそのままで続行できるからです。

これら生活に直結した「ライフライン」にもし変更がある場合には、
それぞれ引越し移転手続きを行う必要があるので、結構な手間がかかります。

ガスや電気、水道などについては、引越し当日に立ち会い精算が必要な場合もあります。

一応、隣接する市区町村であれば、
同じ電力会社などをそのまま使える可能性も高いのですが、
もしもの場合を考えて、この点は事前に確認しておきましょう。

意外と気になる? ゴミの出し方について

それからもうひとつ、意外と気になるのが「ゴミの出し方」についてです。

最近はゴミの分別が非常に厳しくなっていて、
住んでいる地域によって出し方にも大きな違いがあります。

例えば、ゴミ袋を指定の収集所まで持っていかなければならない地域もあれば、
自宅の前までゴミ収集車が取り来てくれる地域もあります。

また、ペットボトルや空き缶などの資源ゴミを捨てる際には、
自治体で決められた収集箇所でしか捨てられない地域もあります。

さらに、家庭のゴミの問題で一番よく聞くグチとしては、
「ゴミ袋が高い」という問題が挙げられるでしょう。

経験がない人はびっくりするかもしれませんが、
地域によっては、家庭で使われるゴミ袋が自治体で指定されていて、
しかもそのゴミ袋の値段がけっこう高い場合があったりします。

このような点は、実際に住んでみないとなかなか見えてこない部分なので、
今住んでいる地域に不満がないならば、やはり同市内の方が無難だと思います。

もしどうしても市外が良いという場合には、
後で後悔しないように、引越し前にできだけ調べておきましょう。

ちなみに管理人が以前に住んでいた地域では、燃えるゴミ用の袋(20L)が、1枚30円しました。

また、同一市内へ引越しをする場合であっても、市役所への「転居届」は必要です。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!