ペットも大切な家族の一員、不備のない手続きを

ペットを飼っている人は、引越しの際に
ペットの引越し手続きが必要になる場合があります。

飼っているペットの種類が、猫や小鳥であれば特に手続きは必要ありませんが、
犬やその他にも国の特定動物に指定されている動物の場合は届け出が必要です。

国内の引越しにも、海外への引越しにも、ペットの事前の手続きがありますので、
引越しが決まったら、早めに届け出を済ませるようにしましょう。

国内の犬の引越し 〜事前に行う手続き〜

犬を飼っている場合、引越しが決まったら、
まず現在の住まいを管轄している保健所へ届け出を行います。

印鑑を持参して、廃犬届を提出します。
これは人間でいう、住所変更に伴う「転出」届けのようなものです。

できれば2週間前くらいには手続きを済ませましょう。

国内の犬の引越し 〜引越し後に行う手続き〜

引越しが済んだら、30日以内に新住所を管轄する保険所へ登録手続きを行います。

持参するものは、印鑑、旧鑑札、狂犬病予防接種書です。
これは「転入」届けのようなものと考えてよいでしょう。

怠ると罰金が科せられることがあるので、必ず届け出を行いましょう。

海外の引越しの場合

ペットを海外へ連れて行く場合には、相手国の法律に従うことになります。
引越し先の国によって規制などは異なるので、事前に大使館へ問い合わせておきましょう。

国によっては、マイクロチップの埋め込みを求められることもあるので、
海外への引越しが決まったら、早めに問い合わせる必要があります。

日本からの出国の際には、
犬の場合、狂犬病とレプトスピラ症についての検査を、
猫の場合、狂犬病の検査を受ける必要があります。

いずれも検査は無料で、動物検疫所で検査が行われます。
一応、12時間以内の係留検査とされているので、
少なくとも出国の1週間前までには、動物検疫所へ問い合わせましょう。

異常がなければ、英文の輸出検疫証明書が発行されます。
引越し先の国によっては、その他の書類の提出を求められることもあるので、
不備のないように調べておきましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!