同じ市内に引っ越すのか?学校は公立・私立どちらか?

子どもがいる家庭では、引越しに伴う学校関係の手続きも重要です。

「引越し先は同じ市区町村内か、他の市区町村か?」
「学校は公立か私立か?」

などによって手続きの方法や手順が異なります。

手続きが遅れると、子どもが学校へ通えない期間ができてしまうこともあるので、
下の解説を参考に、引越しが決まったら早めに手続きを進めるようにしましょう。

同市町村内の引越しの場合

同市区町村内への引越しでも、転校を伴う場合には以下の手順で手続きを行います。

1.在学中の学校に転校する旨を伝える

   「在学証明書」と「教科書受給証明書」を発行してもらいます。

2.市区町村役場へ"転居"の届けを行う

3.新しい住民票を教育委員会に提出する

  教育委員会から新しい学校の指定を受けて、「転入学通知書」を発行してもらいます。

4.指定を受けた学校に、必要書類を提出する

  「在学証明書」「教科書受給証明書」「転入学通知書」の書類を提出する

以上で、転校手続きは完了です。

また同市町村内で引越しをする場合は転校が必要ない場合もありますが、
引越すことや新住所などは必ず担任の先生に伝えましょう。

通学班の変更など、事前に手配してもらう必要があります。

他の市区町村への引越しの場合

他の市区町村へ引越す場合は、以下のような流れで手続きを行います。

1.在学中の学校に転校する旨を伝える

  「在学証明書」と「教科書受給証明書」を発行してもらいます。

2.市区町村役場へ"転出"の届けを行う

3.引越し先の市区町村役場へ"転入"の届出を行う

  「住民票」を発行してもらいます。

4.新しい住民票を教育委員会に提出する

  教育委員会から新しい学校の指定を受けて、「転入学通知書」を発行してもらいます。

5.指定を受けた学校に、在学証明書」

   「教科書受給証明書」「転入学通知書」の書類を提出する

以上で、転校手続きは完了です。

公立高校と私立学校への転校の場合

公立高校は基本的に定員制なので、
転入生の受け入れには、欠員があることが前提になります。

しかし、地方などでは学校数自体が限られているなどの理由から、
転入生の受け入れには柔軟が学校が多いようです。

編入試験を受けて合格すれば、転入が認められます。
詳しくは、各都道府県に問い合わせてみると良いでしょう。

一方私立学校では、それぞれの学校によって、
転入生の受け入れに独自の手続きを設けています。

直接学校や管理団体に問い合わせて、編入の方法などを確認すると良いでしょう。

手続きの他にも気を配りたい、子どもの転校

法律上の転校手続きは、上に解説した通りですが、
気をつけたいのは、それ以外に子どもの転校にかかる様々な配慮です。

学校置きにしている所有物や、
学校の事務作業に使用される備品(名前入りゴム印など)については、
持って行くのをついつい忘れてしまいがちです。

これらは、子どもでは気づきにくいことですから、
親が配慮して、転校先で子どもが困らないようにしましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!