大切な手紙を新居へ転送してもらうために

引越しが決まったら、郵便物を新住所に転送してもらう手続きを行いましょう。

最寄の郵便局に「転居届」を提出するだけで、
旧住所へ届いた郵便物を1年間無料で転送してもらえます。

引越しと同時に、知人や関係機関など住所変更の案内などを出すことが理想ですが、
引越しの忙しさと重なり、連絡漏れなども出てくるものです。

大切な書類や手紙が確実に手元に届くように、必ず届出を行いましょう。

なお上記の「転居届」とは、郵便局が設置している「転居届」のことであり、引越しの際に市区町村役所へ提出する「転居届」とは別のものです。

転送手続きの方法と必要な期間

転送手続きは、最寄の郵便局に設置してある「転居届」に必要事項を記入して
窓口に提出するだけです。

手続きの際には、本人確認の書類として免許証などの身分証明書と、
旧住所を確認するための書類(住民票や運転免許証など)の提示が求められるので、
必ず持参しましょう。

また、郵便局へ直接出向くことが出来ない場合には、
転居届に必要事項を記入して投函する方法と、インターネットから申し込む方法がります。

※インターネットを利用する際は下記のURLから
http://welcometown.post.japanpost.jp/etn/

手続きには3日〜7日間程度かかるので、引越し前に必ず手続きを完了させましょう。

便利に使える転送サービス

郵便局の転送サービスは、知っていると得をすることがいくつかあります。

更新が出来る

基本の転送サービスは1年間ですが、
更新の手続きをすれば更に1年間延長することができます。
もちろん住所が変わったことを、関係者に連絡することが一番ですが、
必要な時には更新しておくと安心です。

引っ越す人の分だけ転送できる

家族の一部だけが引っ越す場合には、
引っ越す本人宛の郵便物だけを転送することができます。

詳細は以下のURLを参照してください。
http://www.post.japanpost.jp/question/102.html

入院先にも転送できる

引越しと同様に、転居届の提出で手続きができます。
一人暮らしの人や、入院が長期にわたる場合には便利なサービスです。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!