引越しが決まったら、転出・転入届けも計画的に

引越しの際には、住所が変わることを役所へ届ける必要があります。

同じ市区町村内での引越しの場合と、
他の市区町村内への引越しの場合では手続きが異なり、

定められた期間内に届け出る必要があります。

旧住所での届け出を怠って引越し後に困ることのないように、
事前に計画的に手続きを行いましょう。

他の市区町村へ引越す場合 〜現(旧)住所地での手続き〜

引越しが決まったら、まず現住所の役所へ「転出」の届け出を行います。

印鑑と身分証明書(免許証、パスポート、健康保険証など)を持参して、
所定の用紙にて届け出をすると、「転出証明書」が発行されます。

届出期間は引越した日から14日以内ですが、引越し先が遠方の場合には、
引越し後に旧住所地へ戻って手続きするのは大変ですから、
引越し前に済ませることが原則です。

他の市区町村へ引越す場合 〜新住所地での手続き〜

引越しが済んだら、新住所を管轄する役所へ「転入」の届け出を行います。
転出証明書、印鑑、身分証明書を持参して、
引越した日から14日以内に手続きを行います。

転入届けが受理されると、その日から住民票の発行が可能になるので、
その他の引越しに関係する手続きに住民票が必要な場合には、
あらかじめ何部か取得しておくと、あとで二度手間にならず便利です。

同じ市区町村内の引越しの場合

同じ市区町村内での引越しの場合には、
引越した日から14日以内に「転居」の届け出を行います。
届け出の際には印鑑を持参します。

転居届けを行うことで住所変更が完了しますので、
他の市区町村への引越しと比べると、手続きはとても簡単です。

このように、引越し先がどこなのかによって手続き内容が違ってきますので、
事前に確認をした上で間違えないように手続きを行いましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!