基本的な流れは電気やガスと同じ

引越しをする際の水道の手続きについては、
こちらのページで紹介した電気やガスの手続きとほぼ同じです。

引越しの一週間くらい前を目安にして、
水道局に電話をして引越しする旨を伝えましょう。

なお、水道局の電話番号は、検針票や領収書などに記載されています。

事前に準備しておくもの

水道局に連絡をする際には、
事前に下記の項目について準備をしておくと話がスムーズに進みます。

  • 契約者の名前
  • 現在の住所
  • 引越し先の住所
  • 引越し日時
  • 連絡先
  • お客様番号(※検針票などに記載されています)

電話での連絡が終わったら、あとは電気やガスと同様に、
立ち会いにて引越し当日分までの料金精算を行います。

新居で水道使う場合の手順

新居で水道を使い始める際には、
水道のメーターボックスの中にある水止め栓をまずは開く必要があります。

また、新居に「水道使用開始申込書」が備え付けてあると思うので、
そちらに必要事項を記入した上でポストに投函しましょう。

水道も、電気同様引越し当日から使うことができます。(書類は後で出せばOK)

また、水止め栓はは左に回します。

集合住宅に住んでいる場合は注意が必要

水道の手続きでひとつ注意しなければならないのは、
マンションをはじめとする集合住宅に住んでいる場合です。

集合住宅に住んでいる場合、私たち個人が水道局と契約するのではなく、
集合住宅の「管理組合」を通して水道契約を行っている場合があります。

これは、管理組合側が水道局と大口契約を行っているためです。

このような場合、料金の支払い方法が異なってくるため
「引越し当日に使った分を精算」という形ではない場合もあるので注意しましょう。

詳しくは今住んでいるところの契約がどうなっているかを確認した上で、
料金の支払い方法について問い合わせを行うようにして下さい。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!