時間がかかる手続きから逆算して準備を始めよう

新入学や新入社、または転勤などで引越しすること自体は決まっているものの、
まだ実際に引越しをするまでは数ヶ月程度の余裕がある・・・

さてそんな場合、具体的な準備はいつ頃から始めれば良いのでしょうか?

もちろん、出来るだけ早く準備するに越したことはないのですが、
こういった場合は「一番時間がかかる手続き」から逆算していくのが賢いやり方です。

一ヶ月前からではちょっと遅い!

まず、引越しをする際に一番注意しなければならないことは、
いま住んでいる家(アパートなど)の契約内容です。

一般的なアパートやマンションなどの場合、
「退去の一ヶ月前までに申告すること」と記されている場合が多いです。

つまり、引越し当日から逆算した場合、
一ヶ月前には大家さんに退去の意志を伝えておかなければならないので、
この時点で、ある程度新居の目処をつけておかなければなりません。

大家側への連絡が遅れると、余分な家賃が発生してしまうことがあります。

新しい引越し先が決まっていない状態で退去を申し出るのは、
精神的な面でも不安が大きいですよね。

したがって、一ヶ月前の段階で余裕を持って退去を申し出るためにも、
その少し前から新居選びをスタートさせた方が良いでしょう。

ただし、あまりに早く新居を探しすぎても
「ダブル家賃」が発生してしまうので注意が必要です。
「ダブル家賃」についてはこちらの記事で解説しているので参考にして下さい。

意外と忘れがちなインターネット契約について

住居の契約以外にやっておきたいことは、
引越し先のインターネット契約を早めに済ませておくことです。

これは意外と忘れてしまう人が多いので要注意ですね。

電気、ガス、水道などのライフラインに関しては準備OKでも、
インターネットに関しては引越しした後になってから思い出した・・・
という人がけっこういます。

そしてやっかいなことに、このインターネット契約というのは、
引越し先の状況によっては非常に時間がかかる場合があります。

場合によっては数週間待たされる場合も

もともと引越し先の住居にネット回線が来ている場合なら、
あとはプロバイダと契約するだけですぐにネットが使える場合もありますが、
ネット回線自体が来ていない場合には、NTTなどを呼んで新たに工事する必要があります。

特に、引越し先が地方などの場合にはネット回線が来ていない事が多く、
工事をするにも「一ヶ月待ち」などという場合があるので注意しましょう。

また、引越し先がアパートやマンションなどの場合には、
事前に大家側へ確認して、工事の許可を取る必要もあります。

逆に最近建てられたマンションやアパートなら、最初からネット環境が整っていることも多いです。

この辺の準備を忘れてしまうと、引越し後に困ることになるので、
インターネットの契約だけは早めに済ませておく方が無難です。

特に仕事でネット環境が必要な人もいると思うので、
やはり引越しの一ヶ月前くらいには確認しておくのがベストです。

引越し業者選びも早めにスタートさせよう

引越し業者選びについても、出来るだけ早くスタートさせた方がお得です。

特に少しでも引越し料金を安くさせたいという場合には、
このような一括見積もり請求サイトを使って、
引越し料金の値切り交渉を行う必要があります。

ですので、やはり業者選びに関しても、
なるべく早めにスタートさせておいたほうがよいでしょう。

ちなみに、引越し料金の値切り方のコツについては、
下の記事にまとめておきましたので参考にして下さい。

→参考:引越し費用を安く抑えるための値切り方

引越し繁忙期に申し込む場合は注意しよう

また、もし引越しするのが2〜3月、または年末年始などの場合は、
早めに予約をしておかないと引越し業者が埋まってしまう場合もあります。

この時期は引越しが特に多い繁忙期ということで、みんなが早めに予約をするので、
一ヶ月前から引越し準備をスタートするのでは遅いと考えましょう。

特に遠距離の引越しを行う人は、早めの予約が必要です。
トラックの手配や飛行機の手配などに時間がかかることが多いからです。

というわけで、状況に合わせて必要な準備期間も変わってきますが、
一般的には「一ヶ月半くらい前」から、少しずつ準備を始めるのが良いと思います。

ちなみに、引越しに慣れていない人は「荷造り」についての心配が大きいようですが、
よほどの大家族でもない限り、荷造りにはそこまで多くの時間はかかりません。

それよりも住居契約の問題や、インターネット回線の問題、
あるいは引越し業者の確保などの方がトラブルになりやすいため、
ある程度余裕を持って準備を始めることをオススメします。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。