多少値段が高くなってもフルパックを選ぶのがオススメ

引越しをする人数が多く、また荷物の量もそれに比例して多い場合、
どのような点に注意をして引越しをすればよいのでしょうか?

引越しにかかる費用と、作業負担を比較した上で考えてみましょう。

出来る限り荷物を処分することが重要

大家族の引越しで一番大変なのはやはり大量の荷物の移動でしょう。
荷詰めをするだけでも大変なのに、
それを新居へ運んで、さらに片付けなければなりません。

考えるだけでも嫌になってきますよね。

さて、こんな時に最も重要になることは、
使わない荷物は出来る限り処分してしまうということです。

例えば使わなくなった食器、サイズが合わなくなった衣類、
押し入れの中に入れっぱなしでほこりを被った家電製品など、
過去一年間で一度も使う機会がなかった物は、極力処分するようにしましょう。

荷物を捨てるには勇気が必要ですが、この「勇気」を持つことが何よりも大切です。

引越し前後の作業負担と、引越し料金を天秤にかけると・・・

各引越し業者のホームページを見てみると、
多くの業者が「ファミリーパック」などの家族向けのプランを提供しています。

しかし、細かくプラン内容を比較して見ると、

  • 引越し前の荷造りあり/なし
  • 引越し後の荷解きあり/なし

などといった条件で料金が変わってきます。
このような場合、実際にはどんなプランを選ぶのがお得なのでしょうか?

管理人の個人的なオススメとしては、多少値段が高くなるかもしれませんが、
荷造りから運搬、そして荷解きまでを全てやってくれる
「フルパック」の利用がオススメです。

なぜなら、大家族の引越しというのは、
とにかく作業量が多くて精神的にも肉体的にも大変だからです。

比較的早い時間帯から引越し作業を始めたとしても、
すべての荷物を新居に運び入れる頃には、もう夜になっているということもあります。

特に、小さな子供やお年寄りがいる場合は注意が必要で、
引越しの最中には家族の誰かそばについている必要があります。

このような状況下で、引越し当日中に荷解きまで終わらせるというのは、
素人の私たちにとっては非常に負担が大きいといわざるを得ません。

というわけで、多少費用が高くなったとしても、
荷造りから荷解きまで全てお任せでやってもらえる
フルパックを選ぶのが無難だと思います。

なお、引越し業者の中には、
引越し時に不要品の買い取りなどを行ってくれるところもあるので、
パック内容だけではなく、オプションサービスに関してもチェックしてみましょう。

簡易見積もりが高い場合でも、交渉次第得大幅な値切りが可能

実際にフルパックで引越しの見積もりを取った場合、
初回の簡易見積もりでは非常に高額な見積額が出てくる場合もあります。

以前、もともと2世帯で住んでいた家から、それぞれ別々の家に分かれて引越すという、
少し大がかりな引越しを業者に依頼した経験がありました。

その際、ある引越し業者から出てきた見積額には、
なんと30万円という高額な見積金額が書かれていたのですが、
こちらの記事に書かれている交渉術を使って値切りをしてみたところ、
最終的にはほぼ半額に近い16万円で引越しを行うことが出来ました。

このように、少し大がかりな引越しを業者に依頼する場合には、
業者側も最初は高めの見積金額で返事をしてくる場合があります。

しかし、もとの金額が高い分、値切り幅もまた大きくなるので、
初回の見積もりを見た時点で諦めずに、粘り強く交渉してみましょう。

特に複数の業者に見積もりを依頼して比較すると、
驚くほど安い金額に値引きしてくれることもあります。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。