一人暮らしの引越しでも、業者を利用するのが一番楽

身軽な一人暮らしの場合だと、引越し料金はいくらくらいになるのでしょうか?
状況によって異なりますが、一般的には4〜6万円前後で収まる場合が多いようです。

また、特に安い業者を見つけることが出来れば、
2万円台で引っ越しできる場合もあります。

ただし、ここで注意して欲しいのは、
「自力での引越し」や「便利屋を使った引越し」です。

業者を使わず、無理に自力でやろうとすると、
かえって高くなる可能性も有るので注意しましょう。

自力での引越しや、便利屋を使った引越しについては、こちらの記事を参考にして下さい。

 →自力での引越しの注意点
 →便利屋を使った引越しの注意点

一人暮らしの場合は「単身パック」の利用が第一候補

単身引越しで業者を利用する場合は、単身者用の専用パックが第一候補となります。

クロネコヤマトや日通、アート引越センターなど、大手の引越し業者で用意されており、
荷物の量に制限があるものの、格安の料金で引越しできるのが特長です。

ただし、荷物の量が多くなると単身引越しパックが使えなくなってしまう場合があるのと、
基本的に単身引越しパックの場合は荷作りや荷解きは自分でやらなければならないため、
ある程度時間に余裕がある人じゃないと使いにくいという欠点もあります。

手軽さよりも「料金の安さ」を重視したプランとなりますので、
その点は予め理解しておきましょう。

※単身引越しパックの場合、全体の荷物量が少ない場合であっても、一つだけ大きな家具(本棚やベッドなど)があるだけでダメな場合もあるので注意が必要です。

パックを申し込む前に見積もり比較もやっておこう

ただし、単身引越しだからといって必ずしも単身パックが安くなるとは限りません。
なぜなら、単身引越しパックを用意していない業者の中にも、
安い金額を提示してくる業者はいるからです。

また単身引越しパックの料金に対して、ほんの少しの料金を上乗せするだけで、
単身パックでは積み込めないような大型家具を運べる場合もありますので、
最初から単身引越しパックだけに候補を絞ってしまうと損をします。

自分一人の身軽な引越しであっても、
やはり出来るだけ安く引っ越しできた方がお得なので、
まずは通常の引越しと同じ流れで、各社の見積もりを見比べてみましょう。

インターネットの見積もり比較サービスならば、クロネコヤマトや日通など、
単身引越しパックを用意している大手業者の見積もりも一括比較できるので、
まずは見積もりを取ってみた上で、どのプランが一番お得なのかを見極めましょう。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。