荷造りが出来ない人のための有料サービスはいくらくらい?

引越しは決まったけれど、
「荷造りをする時間がない」 「とにかく荷造りが苦手だ」という人は、
荷造り専門の業者を利用してみるというのも一つの手です。

実は引越し作業の中でも、特に大変なのがこの「荷造り」です。
引越し日が決まっていても、荷造りが間に合わないというケースも少なくありません。

そのため、業者側も「荷作り」のオプションサービスなどは豊富に用意していますので、
かかる費用を考えた上で、自分でやるか、それとも業者に頼むかを検討してみましょう。

荷造り専門業者に頼む場合

荷造り専門業者とは、引越しの際の「荷造り」や「荷解き」を専門に行う業者のことです。
引越し当日に、専門スタッフが二人以上で荷造りを行ってくれます。

事前に荷造りをする必要がないため、引越し当日まで普通に生活が出来ることが利点です。

気になる料金は、大体1DKくらいの広さで2万円くらいからが相場となります。
決して安い値段ではないので、本当に必要なのかどうか検討するようにしましょう。

また引越し当日は、引越し業者とのスケジュール合わせも必要なため、
荷作り専門の業者を呼んでいることを、事前に引越し業者側に相談しておきましょう。

荷造りを安く済ませるためには

一番安い方法は、自分で全ての荷造りを行うことですが、
家族や親しい友人にお願いできるようならば、協力してもらうのも手です。

また少し変わった方法では「便利屋」を利用する方法があります。
料金は交渉次第ですが、荷造り専門業者よりは若干相場は安めとなります。
そこまで荷物が多くなく、また高額な貴重品がない場合には検討してみても良いでしょう。

ただし、複数の業者をそれぞれ手配しようとすると手間がかかりますし、
トータルで見てみると料金が高くなる場合もあります。

そのため専門業者に依頼するのではなく、
引越し業者のオプションサービスで荷造りをお願いしてしまう方が、
安く済むこともあります。

これは実際に見積もりを依頼してみないとわからない部分なので、
荷造りを自分でしたくないという人は、一度それぞれの業者に確認してみましょう。

場合によっては、格安で荷造りをお願いできることもあるので、
なるべく時間に余裕をもって問い合わせてみることが大切です。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!