場合によっては翌日でも対応は可能

何らかの事情で急な引越しが迫られた場合、
最短何日くらいあれば引越し業者に依頼することが出来るのでしょうか?

ちょっと意外に思うかもしれませんが、業者側のスケジュールさえ空いていれば、
実は当日や翌日の引越しでも対応は可能なようです。

すべては引越し業者のスケジュール次第

引越し業者に作業を依頼する際には、家の下見や見積もりの作成など、
事前の準備にある程度時間がかかるようなイメージがありますよね。

しかし、どうしても急いで引越しをしたいということであれば、
予定さえ空いていれば、当日や翌日でも受け付けてくれる業者もあるようです。

とはいえ、やはり3月などの引越しシーズンにおいては、
引越し業者側が多忙を極めるため、翌日引越しなどの無茶は通らない可能性が高いです。

また、急な引越しとなるとゆっくり下見をしている時間もないため、
場合によっては引越し業者側の言い値で契約を結ぶことも覚悟しなければなりません。

急な引越しというだけで、こちらとしては不利な立場に置かれてしまうので、
あまり強気な値引き交渉などは出来なくなってしまうからです。

急いでいる場合は直接電話した方が早い

どうしても急な引越しが避けられないという場合には、
大手の引越し業者を中心に、何件か電話で問い合わせをしてみるとよいでしょう。

スピードを最優先させるならば、インターネットの申し込みより電話の方が早いからです。

しかし、運悪くなかなか受け付けてくれる業者が見つからない場合には、
インターネットを経由で多数の業者に一括見積もり請求をかけてみましょう。

その中から見積もりの返事が早かった業者に対して電話をかけ、
スケジュールを確保しましょう。

無料の一括見積もりサイトへ

※早く見積もり請求をするほど値引きできる可能性は上がります。詳しい「値切りのコツ」はこちらのページへ。