単身赴任で引っ越す際の準備、やるべきこと

転勤や転職など、様々な理由で単身赴任しなければならなくなった時、
大変なのは引越しですよね。

一人だけの引越しなので、荷物はさほど多くなりませんが、
赴任先で使うものを揃えたり、準備は何かと大変です。

単身赴任するという事は、
ほとんどの場合が自宅から離れた場所に引っ越すことになります。

距離が長ければ長いほど引越し料金も嵩んでしまうので、
できるだけ安い業者を探し出す必要があります。

単身赴任に向けての準備

単身赴任で一番大変なのは、赴任先で使用する家具家電の準備です。
一人の生活なので、しっかりと家具家電を買い揃えても
結局使わないなんてこともありますよね。

また長期にわたり単身赴任するのか、数年で自宅に戻るのかなど
赴任する期間によっても揃えるものが変わってきます。

長期にわたって赴任する場合

あらかじめ長期にわたって赴任することが決まっている場合は、
家具家電をある程度そろえておく必要があります。

冷蔵庫・洗濯機・エアコン・電子レンジなどの生活に欠かせない物はもちろんのこと、
テレビやオーディオ・DVDプレーヤーなどの娯楽品も必要になるでしょう。

家具に関しても、洋服ダンスや本棚などの大型家具と、
食器や衣類などの小物まで、ある程度用意が必要になります。

ただし、数年ごとに赴任先が変わる場合は、あまり買い揃えてしまうと
引越しのたびに大変になってしまうので注意しましょう。

短期間で帰ってくる場合

単身赴任が短期間で終了する場合は、家具家電を買い揃えるのは危険です。
赴任が終わって帰ってくるとき、処分が大変になってしまう可能性があります。

生活に必要な冷蔵庫・エアコン・電子レンジなどだけを買い揃え、
余分なものは買わないようにしておきましょう。

家具に関しても、簡易の衣装ケースやラックなどで代用し、
大型の家具を置かないようにします。
もちろん食器や衣類・布団類なども必要最低限にとどめておきましょう。

家具家電付のアパートを選択するのも一つの手です。
通常のアパートよりも家賃は高くなりますが、
何も買い揃える必要が無いので無駄を省けます。

単身赴任の引越し業者選び

単身赴任は荷物は少ないのですが、移動が長距離になる場合が多いので、
お得な単身パックが使えなかったり、
単身パックを利用しても料金が高くなってしまいがちです。

業者によっては長距離でもお得な料金のところもありますが
それを一社一社探すのは、とても大変な作業です。

そんな時こそ一括見積サイトです。
引越し見積サイトを活用すれば、
一度の入力ですぐに一番安い業者を探すことができます。
また他社の見積もりがあれば値段交渉もしやすくなります。

単身赴任が決まったら、まずは一括見積もりサイトを利用してみましょう。

引越し前に確認しておきたい4大チェックポイント

  • たった1分の手間で引越し料金が安くなる「一括見積もり請求」って?
  • リサイクル!不要品買取を使って引越し代金を5万円節約
  • 数万円もお得?プロバイダ乗り換えの特典をもらおう!
  • 車を処分するなら一括査定を使った方がお得!